詩編 127 章 1~5節

1 都に上る歌。ソロモンの詩。主御自身が建てて下さるのでなければ 家を建てる人の労務はむなしい。主御自身が守って下さるのでなければ 町を守る人が目覚めているのもむなしい。

2 朝早く起き、夜おそく休み 焦慮してパンを食べる人よ それは、むなしいことではないか 主は愛する者に眠りをお与えになるのだから。

3 見よ、子らは主からいただく嗣業。胎の実りは報い。

4 若くて生んだ子らは、勇士の手の中の矢。

5 いかに幸いなことか 矢筒をこの矢で満たす人は。町の門で敵と論争するときも 恥をこうむることはない。

関連記事

  1. 詩編 136章 4~6節

  2. 詩編 136章 19~21節

  3. 詩編 119 章 117~120節

  4. 詩編 119 章 69~72節

  5. 詩編 119 章 57~60節

  6. 詩編 119 章 101~104節

  7. 詩編 124 章 1~4節

  8. 詩編 119 章 65~68節

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。