詩編 126 章 1~6節

1 都に上る歌。主がシオンの捕われ人を連れ帰られると聞いて わたしたちは夢を見ている人のようになった。

2 そのときには、わたしたちの口に笑いが 舌に喜びの歌が満ちるであろう。そのときには、国々

も言うであろう 「主はこの人々に、大きな業を成し遂げられた」と。

3 主よ、わたしたちのために 大きな業を成し遂げてください。わたしたちは喜び祝うでしょう。

4 主よ、ネゲブに川の流れを導くかのように わたしたちの捕われ人を連れ帰ってください。

5 涙と共に種を蒔く人は 喜びの歌と共に刈り入れる。

6 種の袋を背負い、泣きながら出て行った人は 束ねた穂を背負い 喜びの歌をうたいながら帰ってくる。

関連記事

  1. 詩編 119 章 129~132節

  2. 詩編 127 章 1~5節

  3. 詩編 119 章 145~148節

  4. 詩編 136章 19~21節

  5. 詩編 119 章 13~16節

  6. 詩編 124 章 5~8節

  7. 詩編 119 章 61~64節

  8. 詩編 119 章 17~20節

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。