詩編 120 章 5~7節

5 わたしは不幸なことだ メシュクに宿り、ケダルの天幕の傍らに住むとは

6 平和を憎む者と共に わたしの魂が久しくそこに住むとは。

7 平和をこそ、わたしは語るのに 彼らはただ、戦いを語る。

関連記事

  1. 詩編 119 章 37~40節

  2. 詩編 119 章 149~152節

  3. 詩編 119 章 129~132節

  4. 詩編 130 章 1~4節

  5. 詩編 119 章 85~88節

  6. 詩編 135章 1~3節

  7. 詩編 133章 1~3節

  8. 詩編 121 章 5~8節

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。